進路・進学指導

HOME > 進路・進学指導 > 成蹊の進路指導について

成蹊の進路指導について

  • 進路指導
  • 進学について
  • Message
自立した進路を選択できるよう、6年間を通して真のキャリア教育を展開していきます。

一人ひとりの才能、個性を大きく育てるために進路指導部を設け、さまざまな情報を発信しながら生徒の目標の設定を支援、指導しています。
中学では一人ひとりのキャリア作りに対する意識の芽ばえを中心に進路について考える心を育みます。 高等学校では自分の進路を決定し、その目標に向かって挑戦していく力の伸長を中心に指導しています。 個人の希望する進路に応じた学習サポート、担任や教科担当による相談や学習面でのフォローはもちろん、進路・進学全般にわたり効果的な指導を展開しています。

進路指導

進学について

中学校

成蹊高等学校への内部推薦制度

中学校在学中一定の水準をクリアし、出席状況等が良好であれば、高等学校へ内部推薦で進学することができ、ほぼ全員が成蹊高等学校に進学しています。
また、高等学校では、多くの生徒が成蹊大学を含む国内外のさまざまな大学への進学を志望するため、ゆとりのなかにも緊張感を持って学校生活を送っています。
6年間の一貫教育体制を基盤に、一人ひとりの生徒がそれぞれの夢を実現するために、学習面でも、生活面でも、大きく成長することができる制度や指導体制を持つ校風が成蹊の大きな特色といえます。

高等学校

成蹊大学への内部推薦制度

成蹊大学へは、推薦希望者のうち、一定の条件を満たした者が高等学校より推薦され、大学の選考を受けます。
3年間の成績と出席状況が良好であること、高等学校の実施する推薦テストの合計得点が50%以上であることなどが条件となります。
なお、学科毎に定員が定められています。
また成績上位者には、内部推薦の権利を持ちながら外部大学を受験できる制度もあります。
例年、成蹊大学へは、卒業生全体の3割から4割の生徒が内部推薦で進学しています。


 

大学受験

他大学への進学を希望する生徒も多数います。いずれの選択も本人が行えるよう、進路相談はそれぞれの目標を重視して実施されています。
例年、国公立大学では東京大学、一橋大学、東京工業大学、北海道大学、首都大学東京などに一定の合格者を、私立大学では、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、中央大学、青山学院大学、立教大学、日本医科大学、東京医科大学などに多くの合格者を出しています。

他大学への推薦

成蹊大学以外の大学からの指定校推薦や一般推薦もあります。本校への推薦依頼は下記の大学から受けています。
(2012年度依頼実績)

北里大学、慶應義塾大学、上智大学、昭和大学、聖マリアンナ医科大学、中央大学、東京理科大学、立教大学、早稲田大学
など

大学合格実績についてはこちら

Message

個性を生かした真のキャリア教育を

本校では、中高一貫教育をより明確にしていくなかで、キャリア意識の醸成に力を注いでいます。また本校では、大学受験の成果を上げることのみを意識して進路別にホームルームクラスを編成する方式をとっていません。他の多くの学校では行われているのになぜだろうと感じられる方もあるかと思いますが、いろいろな夢を持ち多様な進路をめざす人たちが同じクラスの中で共に学び、過ごすことこそが大切なことであり、この豊かな交流が卒業後にも残る一人ひとりのかけがえのない財産になると考えているからです。

成蹊が重視する「本物に触れる教育」は進路選択にあたっても大きな力となります。クラス単位の授業で学問分野に偏らない知的シャワーを浴び続けているからこそ、幅広い興味・関心の中から自分に合った進路を導き出せるのです。高校2、3年生の授業は、クラス単位の授業に加えて、それぞれの進路に応じてクラスの枠をはずし、学年全体を最大18のコースに分割して進路別の授業を展開しています。

私たちは、個性を生かす進路指導を第一としています。それは、これからも変わらない伝統として受け継いでいきたいと考えています。

進路・進学指導
成蹊の進路指導について
大学合格状況・指定校推薦
ページトップに戻る