学校生活

HOME > 学校生活 > 特色ある行事

特色ある行事

発見や感動に満ちた学校内外におけるビッグイペント 特色ある行事

中学・高等学校それぞれに、新しい発見や深い感動をもたらす行事が充実。 仲間との学校内外における貴重な体験は、これからの6年間をより一層思い出深いものにします。

修学旅行

成蹊が重視している体験学習のひとつとして、中学3年の5月に修学旅行を実施します。4泊5日の日程で京都・奈良に行き、いろいろな教科で事前に学習した内容を実際に体験。本物に触れる事で、知的好奇心を高めます。

夏の学校

本物に触れながら「自分で考える力」を身につけていく体験学習のなかでも、特に大自然に親しむことができるもの。中学1年では自然観察を通じて仲間づくりを行い、中学2年では2、000メートル級の山々に登って心身を鍛えます。

体育祭・体育大会

中学の体育祭は9月に、高等学校の体育大会は5月と9月に開催。学年を超えてクラス対抗で競い合い、大いに楽しみます。企画や運営は生徒たちが主体となって行い、自立と自律の精神を学んでいきます。

蹊祭(こみちさい)

毎年秋に中高合同で開催している文化祭。自主性を育むために、生徒自身が企画して運営します。準備段階から本番まで協力しあい、手づくりのイベントを成功させることで、大きな達成感を得ています。

学校情報サイト「スクールネットワーク」の学校動画(2011年)で紹介されました。
こちらから動画をご覧いただけます。

マラソン大会

高等学校では2月にマラソン大会を実施。持久力とともに精神力の成長を目指します。

学習旅行

高等学校で行う学習旅行は、一般的な修学旅行とは違います。生徒と教員が一緒に企画し、少人数・希望者参加の形で実施します。夏休みや冬休みに、海外も含めて合計8つほどのコースを設定。貴重な体験を通して誰もが大きく成長しています。
※行き先例:韓国、沖縄、九州、四国、北海道、屋久島、フィレンツェ

学校生活
施設・設備
成蹊生の一日
年間行事
クラブ活動・生徒会
制服紹介
ページトップに戻る