教育の特色

HOME > 教育の特色 > 科目紹介

科目紹介

すべての基礎をつくる

全教科の基礎となる教科としてとらえています。基本的な国語力を身につけることで、深く正確に文章を理解し、文章で表現する力はもちろん、発表・ディベートなどを通して、より広い表現力、人と人とのコミュニケーション力などの育成を図ります。理解し、考え、表現する力を身につけた、社会で幅広く活躍できる人材の育成をめざしています。

中学の段階

「国語Ⅰ」「国語Ⅱ」に分け、授業担当教員を分けています。「国語Ⅰ」では文章の正確な読解を中心とする学習、「国語Ⅱ」では読書や調査などをもとに考え、表現する学習と口語文法を学習します。
「国語Ⅰ」では、漢字ノートを作成し毎週1回の提出、漢字テストを行っています。きちんとした整った文字を書くことを通して基礎力を養い、言葉の力をつけることをめざしています。 また、オリジナルテキスト『古典入門』を用いて広く代表的で平易な古典作品に触れ、古典に慣れ親しみ、高校でのより深い学習のためのステップとしています。
「国語Ⅱ」では、毎年夏休みに読書を課題とし、2学期に感想文を書きます。各クラスから選ばれた優秀作品は感想文集に掲載されます。また、3年生で行う修学旅行の事前学習も「国語Ⅱ」で行います。見学するさまざまな対象について、調べ、まとめることによってより深い興味と理解を得ます。

高校の段階

「現代文」「古文・漢文」に分かれています。「現代文」では、2年生の前半までの間で、中学段階で学んだ読解力を充実させ、しっかりとした論理的思考を確立できるようにし、後半からはそれをもとにして、自分自身の作品論を組み立てるところまで発展させていくことをめざします。
2年生の「現代文」では、夏目漱石の『こころ』を全読して、より深い作品理解を行っています。文学作品や評論を通じ、社会や他者・自己に関しての考えを深める機会を与えています。
「古文・漢文」では、文法や単語、古文常識などの基本的な学習から始め、順次作品の内容をより深く鑑賞できるようにし、2・3年生では、それぞれの進路に合わせたコースに分かれ、それぞれの必要に合わせた力をつけていくことをめざします。

感性を養う作文指導

中高ともに、思考力・表現力を養うため、夏休みの課題図書に対する感想文や作品論の提出を課しています。その中から優れた作品を、それぞれ『読書する中学生のために』『作文選集』として刊行しており、取り上げられた作品のレベルの高さが学内外で高く評価されています。

暗記ではなく自分の頭で考える

中学は「地理(1・2年生)」「歴史(1〜3年生)」「公民(3年生)」に分かれ、専門の教員が授業を担当しています。同様に、高校は、「地理」「世界史」「日本史」「政治経済」「倫理」の専門の教員が授業を担当しています。
各授業担当者は、自分自身の専門分野を深く研究することを通じ、自らの社会認識を深めようと努力を続けています。
一方で、本校には知的好奇心が旺盛な生徒が多く、社会現象に対し教科書的な説明では納得できず、その背景や原因にも関心を向けてきます。それに合わせて各教員はさまざまな角度から社会現象を分析し、個性豊かな授業を展開しています。

中学の段階

授業では、過去と現在の社会の姿や問題の性質を、単に「学ぶ」だけでなく、「考える」ことを重視して学習を進めています。教科書だけでの表面的な知識を得て終わるところでも、教員手作りのプリント資料などを通じて、深く理解することを求めています。授業を受けていく上で、自分でつくる「ノート」が大変重要になります。
1年生では、授業内容だけでなく、ノートのとり方についても学びます。授業で得た知識をいかに体系立った形で整理し利用していくか、社会科の授業の受け方はノートのとり方にかかっています。

高校の段階

1年生で「世界史」「政治・経済」、2年生で「世界史」「日本史」、3年生で「倫理」が必修科目となります。大学受験に必要な科目だけに絞って履修する高校が多く見られる中で、成蹊高校では科目を絞るのではなく、学習内容を精選することを通じてあえて全科目必修に近いカリキュラムを維持してきました。
まず、1・2年生の段階では具体的事実から社会を学習します。
1年生の「政治・経済」で現代社会の仕組みを私たちの直面する課題から学習します。「世界史」は1・2年生で継続して学習し、国際化した社会を生きていくための欠かせない教養として、現代の国際社会の姿が形成されてきた過程を学習します。「日本史」は2年生で学習し、近代日本の歩みを中心に、国際関係も意識した内容で学習します。これらを踏まえ、生徒の心身の成長に伴って思考力が向上する3年生になると、より抽象度の高い「倫理」を学習し、思想史を軸に哲学的なものの考え方を学びます。
複雑化した現代社会を理解するには、さまざまな角度から総合的に考察することが重要だと考えます。それは、例えば臓器移植(脳死)、遺伝子組み換え、といった問題に関して考えると明らかです。法学や哲学の基本的な理解もなく、個別の専門分野の立場からだけ判断するとすれば、危険な状況をつくりだすことにも結びつきます。
社会科のそれぞれの科目は一人ひとりの社会認識をつくる上で、必要な切り口となります。もちろん、それで完全にカバーできるわけではありませんが、将来関心を持って取り組むテーマの糸口になります。私たちは、すべての生徒が社会科教育を通じて、社会人となるのにふさわしい知性と感覚を身につけてほしいと願っています。

独自の教科書やプリントで学習

数学の本質を理解すること。また、将来どの分野に進むにも十分な数学の力をつけることが目標です。

中学の段階

数学の科目として「代数」と「幾何」を設置しています。検定教科書をベースにしていますが、教科書には書いていない一歩踏み込んだ内容もたくさん扱います。そのため、成蹊中学数学科作成のオリジナルテキストを使用して授業を行います。
「代数」では基本的な計算問題を扱いつつも、その計算の裏にある仕組みをしっかり理解した上で問題が解けるように指導します。「幾何」では、図形を題材にして数多くの証明問題を扱い、論理的思考力を身につけます。このように、数学の力をつけるのに十分な学習内容となっています。
また各学年週5〜6時間という授業時間が確保されています。授業とこれに沿った家庭学習をするだけで、高校の数学の基礎固めがしっかりとできます。また授業担当者は、担任と協力し〈ノート添削〉を、成績の振るわない生徒に対しては〈個人面接・個人の補習〉などを、数学の得意な生徒には〈数学オリンピックレベルの問題を出す〉など、きめ細かい対応により、一人ひとりの学力が確実に向上するよう指導しています。

高校の段階

内容は、文部科学省の学習指導要領に沿っていますが、論理的、体系的な理解を重視し、必ずしも教科書の順番にはこだわらず、本校独自の順序で学習します。また、説明プリント・問題プリントを数多く利用し、深い理解の手助けとしています。1年生では、中学校の復習から入り、「代数」と「幾何」を統合した高校数学の基礎を学びます。2年生からは3段階の習熟度別分割授業により、数学が苦手な生徒にはより丁寧に指導し、得意な生徒にはより進んだ内容まで指導します。さらに3年生では、各自の希望する進路に合わせたカリキュラムにより、成蹊大学の推薦希望者へのきめ細かい指導から、外部大学への受験希望者への対応まで数多くのコースを設置しています。

演習の設置

高校では、2年生から週1日2時間、7、8時限目を利用して、自由選択科目の演習の時間を設けています。
ここでは大学入試レベルの発展的、実践的な問題を取り上げて、独力で入試問題が解けるようになるよう指導しています。

本物に触れることで視野が広がる

古くから、他の学校では見られない成蹊独自の考え方を大切にしてきました。
・ すべての分野の自然科学の基礎を、すべての生徒が身につける。
・ 実物を観察したり、実際に実験を積み重ねたりして、
 自然の仕組みやつくりを理解する。
また、長く続けられている気象観測や高校生物の遺伝についてのオリジナル教材などに見られるように、理科の基礎についてより深く学習できる工夫を凝らしています。

中学の段階

「理科」を4つの科目に分け、それぞれを専門とする教員が授業を担当しています。これにより、小学校の内容をもとに、各分野をより深く掘り下げて自然科学の基礎を身につけることをめざしています。さらに、中学生の好奇心に応え、校内の豊かな自然や古くから残されている実物の標本、自作のプリントを活用するなど、既存の教科書だけに頼らない授業が展開されています。
また、中学では授業で実験、実習を多く行っています。特に理科では実験を重視し、校内の植物の観察をはじめ、理科館を使っての本格的な実験をもとに、「物理」「化学」「生物」「地学」の授業を進めていきます。
毎年、各学年の希望者が参加して、天体観測や化石の採集などの野外観察会も行われます。

高校の段階

生徒たちがさまざまな進路に進むことを踏まえながらも、中学の内容を基礎に、可能な限りもう一度「理科」の全科目について何らかの形で触れることができるカリキュラムになっています。特に2年生からの理系コースでは、進路に合わせてさらに深く学習できるように、充実した内容と十分な時間を確保しています。「物理」「化学」「生物」は、2〜3年生にかけて7〜9時間の授業時間数をもち、実験観察や演習に力を入れています。そして、医歯薬科系の受験にも対応できるよう配慮しています。

施設・スタッフ

理科の授業はすべて、理科教員が設計に携った理科専用の校舎「理科館」で行います。講義室、実験室で計10室を擁しており、それらは「物理」「化学」「生物」「地学」の各科目の目的に応じた配慮がなされています。
また、教員の他に計7名の実験実習助手が授業の準備に携わり、教員だけでは実施が難しい実験・観察も実施しています。

楽しむことで英語表現は身につく

中高では一貫して「言葉を使う体験」を重視しています。「英語は使いながら身につける」が指導の合い言葉で、毎時間、活発な「言語活動」を展開します。生徒と教員が実際に「言葉のやりとり(インタラクション)」を通じて活動的に英語を学習します。

中学の段階

基礎基本を徹底的に重視します。まず「発音」です。日本語にない「音」のつくり方、つまり口の動かし方を懇切丁寧に指導します。中学で初めて英語に触れる生徒も、この段階で「一生もの」の英語の発音を身につけることができます。また、1年生から外国人教師による授業を実施しており、楽しく英語に触れながら英語を聞く耳(リスニング力)の基礎をつくります。2・3年生になると、検定教科書以外にも国内外で開発された優れた教材を用い、高度な授業をしています。ただし、「英語は使いながら身につける」の姿勢は堅持しており、授業はなるべく英語のみで運営するようにしています。このころになると、「スキット」「スピーチ」「ディスカッション」「ディベート」といった言語活動が繰り広げられます。

高校の段階

3年間英語は週6時間必修で、4時間と2時間に分割してそれぞれの担当者の指導を受けます。1年生では、週1回の外国人教員(ネイティブ・スピーカー)と日本人教員の「協同授業(チーム・ティーチング)」が行われます。2年生になると、多様な学力に対応した「グレード別(習熟度別)」の学級編成が始まります。成蹊高校に入学する生徒は、小・中学校での英語授業、海外滞在経験など学習歴に個人差があります。従って、習熟度にも個人差が生じているのが現実です。そこで本校では伝統的に、2つのクラスを学力別に3分割するという方法をとっています。これは、個人の学力を大切に伸ばしていこうというのが主眼です。さらに意欲のある生徒は第二外国語(中国語、フランス語、ドイツ語、朝鮮・韓国語など)も学ぶことができます。また、成蹊大学との連携の一環として、国際教育センターが大学生の留学準備向けに開講しているTOEFL講座を高校生も受講できるようになっています。

クラス編成

中学1年では、一般学級を①英語学習経験者、②英語初学者に分割して授業を行います。また、国際学級では海外で英語による授業を受けてきたことを前提とした授業を行います。中学2・3年では、ホームルーム単位での授業になりますが、海外滞在経験者を集めた「帰国生英語特設クラス」の授業も行います。
高校1年では、ホームルーム単位で授業を実施し、高校2・3年の必修では、3段階の習熟度別に分かれて授業を行います。

演奏する喜びを仲間と共有

正統的な美意識に裏付けられた音楽性を育み、自己を表現するためのさまざまな技術を習得することをめざしています。
一般に情操教育といわれますが、音楽という芸術を通じて、美を発見し、感動を仲間と共有する心の触れ合い、また、難度の高い芸術表現に挑戦する気持ちを引き出していきたいと考えています。具体的には、曲を音符通り正確に演奏するのはもちろんのこと、より美しい響きを理想として追求するための技術、奏法などを工夫するように繰り返し練習します。

中学の段階

中学では、ギターの演奏を取り入れています。一人ひとりにギターを割り当てます。学校の音楽教育にギター演奏を採用するのは珍しいことですが、その理論的正しさと教育的有効性については、作曲家の服部克久氏も高く評価するところです。

高校の段階

1年生ではリズム、音高などのソルフェージュ活動、イタリア歌曲、ドイツ歌曲、日本歌曲などの歌唱活動、手回しオルゴールを教材とした和声創作活動などの実技を中心とした授業を行います。
2・3年生ではパソコン教室のDTM(デスクトップミュージック)ソフトを利用してさらに高度な創作に取り組みます。これは、パソコンに作曲と演奏を複合するソフトウェアを入れたもので、コンピュータ上で自作の曲を演奏させることができます。このように、成蹊の音楽教育は、正統的古典から最先端の表現までをカバーするユニークなものです。

施設・その他

施設としては、防音と空調設備を備えた音楽教室が2室(いずれもステージ付き)とピアノ練習室があります。また、合奏用器材、ギター60台のほか、生徒が思う存分に音楽活動をできるように各種の十分な器材を用意しています。
卒業後に音楽大学へ進学を希望する生徒には個別の相談に応じており、音楽の分野で活躍する卒業生も少なくありません。先に挙げた服部克久氏とそのご子息の服部隆之氏、サキソフォーン奏者の本多俊之氏、雅楽師の東儀秀樹氏の他、若手ではジャズトランペッターの市原ひかり氏の活躍が話題になっています。

知識を増やすと同時に本質をとらえる力を

美術・技術のユニークなところは、「美術」と「技術」が一体化していることです。授業それ自体は別々の時間割を組んでいますが、この両科目を「造形」という領域でとらえ、有機的に結びつけた授業が行われています。芸術表現としての制作行為と、技術における製作行為は違うものと思われがちですが、人間は長い歴史の中で「つくる」という行為そのものを通してさまざまな文化、美的世界を創造してきました。中学の美術と技術、高校の美術と工芸デザインの授業においても、この「造形」するという行為を通して自己表現をすることをとても大切にしています。

中学の段階

美術の授業では3年間に、絵画、デザイン、版画、彫塑など、さまざまな分野での制作を行います。各分野での制作を通して、生徒一人ひとりのひらめきを大事にし、想像したり、構想したり、計画していく力がつくよう考えています。創造する過程での楽しさや、具体的な作品として出来上がった喜びや感動を味わうための、基本的な表現力を体得し、自己表現できるように授業が考えられています。
技術は、3年間を通じて「ものづくり」をテーマにしていますが、いわゆるキット的な「組み立てれば済む」というような教材は使いません。ものづくりには設計と製作の二つの過程が必要となりますが、中学ではそれらの基本を学びます。設計では代表的な製図法を学び、形の正確な把握と表現する力を身につけ、製作においては私たちの日常生活と関わりの深い木材を材料として用い、代表的な加工方法、道具の使い方を学びます。また、キットではない製作のため、作品の自由度が高く、デザインすることを通して多くの生徒が工夫をすることの楽しさを学んでいきます。

高校の段階

高校の美術は、絵画では中学で学んだ水彩だけでなく油彩、アクリル、日本画と表現材料の幅が広がります。高価な日本画の材料を使っての授業は、本物に触れる成蹊教育ならではのことで、一般の高校では行っていません。版画も銅版のほか、木版は多版多色刷りになり、手が込んできます。
工芸デザインでは、平面作品として色彩学、色面構成を学び文化祭のためのポスターを制作します。立体作品としては、製図から製作までを通して椅子を作るのですが、中学とは違い、丸のこ盤、かんな盤、ボール盤、角のみ盤、ルーターマシンなどの機械類も使います。また、手びねり、紐作り、板作りから始まって本格的な轆轤(ろくろ)成形による作陶も行います。
キャンパス内にある木々の落ち葉を焼いてつくった釉薬(ゆうやく)で、独特の味わいのある陶芸作品もつくられています。

人間性を高めるために「書く」

成蹊中高の書道は故上條信山(かみじょうしんざん)(文化功労者)の書風を正統に継承し、その評価が確立しています。上條先生は昭和の初期より長く成蹊で教えられ、戦後の日本における書道教育の復活に尽力されました。成蹊では今日も教材の多くに上條先生のものを使用しています。
授業は、中学においても国語科の一領域としての「書写」ではなく、自己を表現するための「芸術」に位置づけています。
「書く」という行為を通し、集中力を高めるとともに、沈着な態度や、ものを丁寧に扱う姿勢などを身につけます。技術に偏ることなく、書道の深淵を理解する知識、さらに成蹊人としてふさわしい見識と教養を身につけ、人間性を高める努力を 要求しています。

中学の段階

文字を書くことが苦手な人もいるかと思いますが、文字を正しく、整えて書くためには、文字の成り立っている構造、形づくられている原理を理解することが大切です。この基礎の部分を固めた上で、自分らしい文字を書くことができるよう、意欲的に授業に取り組むように指導しています。
1年生では、楷書の基本点画の習得に重点を置いて指導しています。また、2年生では、行書の基本的な技術の習得および習熟を図っています。
硬筆(ペン習字)については、2年間にわたり自宅学習を中心として、週1回の提出を義務づけています。


表現課題

中学2年では、唐代楷書の「古典」に触れ、さまざまな書く技術を知った後、文字を「造型」する授業を行っています。これは速度・筆圧・濃淡・潤渇・線の長短・ 細太などを工夫して、テーマに合った作品を制作するものです。個人作品の他に一致協力して「合作」も行っています。

高校の段階

中学で習得した書写の技術を踏まえて、芸術科の「書道」として、さらに幅広い表現技術を身につけていきます。

心と身体の健全な発達をめざす

成長期であるこの時期に、知ること(運動・健康・安全についての知識と理解)と、運動すること(積極的に運動に親しむこと)により、「心身の健全な発達」と、「生涯にわたりスポーツに親しむ態度」を育てることを目標に行っています。
授業では、各発達段階に応じた種目を設定し、体力・技術の向上をめざしながら、積極的に参加しているかなど、参加態度も重視します。苦手意識をもつ生徒も友達と助け合い、精一杯努力すること、けがや体調不良など、見学しなければならない場合も、可能な範囲で準備や片付け、審判、記録などサポート役となり参加をすること、皆で協力してスポーツを楽しむことができる態度を育てます。

中学の段階

「跳ぶ力」「走る力」「投げる力」といった基本的な運動能力を中心にさまざまな運動を行うことで、運動能力全般を高め、運動の楽しさや喜びを深く味わうことをめざします。また運動を通して、公正、協力、責任などの態度も育てます。

高校の段階

中学で体得した総合運動能力を発展させ、生徒自らが運動に主体的に取り組む姿勢、生涯にわたってスポーツを楽しむ心がけを育てます。

豊富な運動施設

運動施設は大変充実しており、中高の専用グラウンド、テニスコート、体育館(2棟)の他、学園全体の施設として、けやきグラウンド(400m競技場・ラグビー場)、野球場、サッカー場、テニスコート、柔道場、2つのプール、その他がキャンパス内に広がっています。

生活を豊かに創造するために

生活を学びの対象としている教科です。生徒の現実の生活がどのように成り立っているかを学び、それを土台に将来の生活を豊かに創造できる力を育てることを目標としています。
そのため、理論だけ豊富に詰め込むのではなく、多くの体験を積み重ね、学び、生きた力をつけることをめざしています。

中学の段階

食生活を食品の科学的視点から学習し、豊かな食生活を自分の手でつくり出せる実践力を育てます。学習方法としては、学校と家庭が連携して、生徒に実践の喜びを体感してもらいます。教材には、成蹊のキャンパスで育つ筍をはじめ、梅、ギンナン、くるみ、ゆずなど身近な食材を使って調理し、旬(しゅん)の食材の良さを学びます。
衣生活については、自分の体を包むものとしてハーフパンツづくりを男女とも行います。体の形に合わせる型紙づくりから始まり、布選び、製作と計画的に物事に取り組み、一つの作品を仕上げていく力を育てます。創意工夫して完成させた達成感は、大きな喜びを与えています。
また、消費者の問題を学習する中で、最後に地球にやさしい生き方をまとめます。理想ばかり掲げるのではなく、中学生として何ができるかを発表し、友達同士で意見交換をすることで、ものの見方を広げ、実践へとつなげていきます。

高校の段階

自分の生き方を模索していく高校の段階では、家庭科の視点でものの見方、考え方を学習します。例えば、「家族・家庭の問題」「新しい命を生み育てる」「人間の成長発達とは」「子どもが育つ環境について」「今日の食生活の問題」「日本の食糧問題」など、生徒の将来に大きく関わるテーマを学んでいきます。そのことは、現在の自分を見つめ、将来の自分について考えることになります。できるだけ社会へ目を向けるという意味からも、学校から出て、保育園実習を行い、高齢者施設を訪問するなど学ぶ機会もつくっています。
また、自由に選択できる科目に家庭科演習があります。この授業では、「成蹊の食材を使って」という独自の副教材を使用 し、男女ともに料理づくりを楽しんでいます。将来の食生活を健康で心豊かに創造できるよう、その一歩を築いていきます。

成蹊家庭科の特徴を生かして

日ごろ、家庭科教育を理解し、保育園実習などを受け入れてくれる地域社会の方々に対し、成蹊の中で育つ自然の恵みを使って料理をする場として、「成蹊料理を楽しむ会」を行っています。この会を行ってすでに14年になりますが、多くの方にご参加いただき盛況です。

必要な情報を選択し活用する
高校の段階(※高校のみの科目)

現在の情報社会では、さまざまな情報の中から自分にとって必要なものを選択し、活用する能力が必要となります。本校では、情報に関する基本的な概念や基本的なコンピュータの操作方法から、著作権のあり方、情報活用能力(リテラシー)の習得まで幅広く学び、将来、情報社会で活躍するための基礎を身につけます。また、ここで身につけた技術を使って、さまざまなテーマについてアプローチしていき、その結果をプレゼンテーションするなど、総合的な学習へと発展していきます。

コンピュータ教室

中央館内に設けられたコンピュータ教室には、次代の情報化を担う人間を育てる環境が整えられています。これからはコンピュータを使えるのは当たり前で、どのように活用するかがポイントとなります。2クラスの生徒が一人1台使えるだけのコンピュータが揃っています。コンピュータの操作をはじめ、さまざまなソフトを使用した授業が行われています。さらに、インターネットで情報検索を行ったり、海外と通信したり、さまざまな活用が可能です。

教育の特色
成蹊の中高一貫教育
科目紹介
[中学校]教育の特色
[中学校]国際学級について
[中学校]カリキュラム
[高等学校]教育の特色
[高等学校]カリキュラム
国際理解教育
だから成蹊中高
ページトップに戻る