法学部紹介

法学部の特色

1年次からの少人数制ゼミ

ゼミでは、専門的知識を修得するとともに、プレゼンテーション、コミュニケーション能力、そして論述力を高めることに力を入れています。全学年に少人数制のゼミを配し、1・2年次では基礎固めを、3・4年次には専門知識の応用力を身につけられるよう段階的にカリキュラムを編成。法学、政治学では「ことば」と「論理」が重要です。ゼミで自分の見解を述べたり、議論、ディベート、論文執筆を通じて、「ことば」と「論理」の運用能力を鍛えます。その過程で、問題を掘り下げて展開し、法的、政治的な思考手順に則って新たな価値を生み出す力を養います。

学科の枠を越えた多様な履修システム

現代社会で起きている諸問題を解決へと導き、より多くの人々が安心して幸せに生活できる環境をつくること。法学と政治学は、それぞれにアプローチの方法は異なりますが、目的、目標は共通しています。特に複合的な要因で起こるケースが多い近年の諸問題を解決するためには、ひとつの専門だけではなく、幅広い視野と知識が必要になります。

法学部では、法律学科、政治学科どちらの学科に所属していても履修できる共通科目を充実。また両学科とも必修科目の割合を低くし、自由度の高い履修選択が可能です。

興味ある科目を深く追究するだけでなく、他学科の科目も積極的に履修することで、新しい自分の発見にもつながります。

国際コミュニケーション科目

いまや法や政治は世界規模で変動しています。法や政治に携わる者にとって、国際的なものの見方や知識、語学能力は必要不可欠です。法律学科では国際法、政治学科では国際政治関連の分野を充実させ、さらにその基本となる語学力を向上させるため、「国際コミュニケーション科目」を設けています。4年間じっくりと外国語によるコミュニケーション能力を伸ばし、コミュニケーションのための技法も学ぶことができます。

高度職業人養成システム

2020年度より現代社会の要請に応え、高い専門性と幅広い教養を身につけた卒業生を社会に送り出すことを可能とする【高度職業人養成システム】を導入。このシステムは、【エキスパート・コース】と【重点学修認定制度】から構成されます。さらに公務員試験受験希望者に配慮した新たな科目群【コンデンスト講義シリーズ】と、グローバル化に対応し、必要な専門性に裏打ちされた教養を実現するために、新たな授業形式の【クロスオーバー演習】も導入します。

関連リンク