HOME > 大学紹介 > 教育の特色

教育の特色

成蹊大学の理念・目的

成蹊学園創立者中村春二が目指した教育理念である「自発的精神の涵養と個性の発見伸長を目指す真の人間教育」を踏まえ、成蹊大学は次のミッションを掲げます。

  1. 知育偏重ではなく、人格、学問、心身にバランスのとれた人間教育を実践し、確かな教養と豊かな人間性を兼ね備え、社会の発展のために献身的に貢献できる人材を輩出する。
  2. 学術の理論及び応用を教授研究し、自由な知の創造をはかり、もってその深奥を究めて文化の進展に寄与する。
  3. 地域社会に根ざしつつ、世界に開かれた教育・研究機関として、その成果を社会に還元することを通じて、人類の共存に寄与する。

以上のミッションを達成するため、成蹊大学に適切な学部、学科、研究科、専攻を設置します。それぞれの固有の理念は、学部、学科、研究科、専攻ごとに定めます。

成蹊大学の教育目標(人材育成方針)

成蹊大学は上記の「理念・目的」を踏まえ、以下の人材育成方針のもとに教育を行います。

  1. 1
    広い教養と深い専門知識を備え、課題発見、解決に向けて本質を探究する思考力を養成する。
  2. 2
    多様な文化、環境、状況に対応し、他者と協働できる真のグローバル力を養成する。
  3. 3
    未知のものに積極的に挑み、生涯学び続けようとする自発性と積極性を養成する。
  4. 4
    個を具え、自分の考えや意見を的確かつ明瞭に表現、発信する力を養成する。

成蹊メソッド 教育の特色 5つの柱

1. 徹底したゼミナール教育 -教員と学生が至近距離で向き合う-

成蹊学園の創立者中村春二は、「師の本心と生徒の本心が互いに連結」されることによって教育は成果を上げることができると説きました。成蹊大学ではこの伝統を受け継ぎ、1年から4年までのすべての学年にゼミナールを配置し、3、4年次のゼミは全学部必修として運営しています。教師と学生が学問の本質を真剣に見つめ熱い議論を行っています。

徹底したゼミナール教育
徹底したゼミナール教育

2. 体系的カリキュラムと卒業論文の必修 -徹底的に探究し続ける姿勢-

学問を行うには「なぜ?」という疑問を徹底的に掘り下げていくことが必要です。人間は一つのことに没頭しているとき食べることさえ忘れてしまうものです。この集中力こそが人間の進歩を支えてきたものです。成蹊大学では、一つのことを徹底的に掘り下げていけるようにカリキュラムを入門科目から発展科目へと段階化・体系化し、その集大成として卒業論文(卒業研究、ゼミ論文)を全学部で必修としています。

体系的カリキュラムと卒業論文の必修
体系的カリキュラムと卒業論文の必修

3. 学部融合教育の推進 -学部の垣根を越えた創造的な知の統合-

自らの専門を追求し続ける高いレベルの知性が互いに出合い、コミュニケーションとコラボレーションを行うことによって、ときとして想像を超えるような飛躍的な成果がもたらされるものです。成蹊大学ではワンキャンパスにすべての学部があるという特色を生かして、丸の内ビジネス研修(MBT)や成蹊国際コースなど、学部の垣根を越えて学生が議論を行い、課題発見・課題解決のために協働する教育プログラムを用意しています。

学部融合教育の推進
学部融合教育の推進
ワンキャンパスだから実現できる学部融合教育
学部、学年を越えて学び、幅広い人間関係を築く

成蹊大学は、都心からほど近い、武蔵野の自然を色濃く残す東京・吉祥寺にキャンパスがあり、文系・理系の全ての学生が4年間を共に過ごします。所属学部以外の友人との交流や学年を越えた幅広い人間関係を築くことができ、また運動施設や学生会館などの施設も一つのキャンパス内に整っているため、クラブや行事などの課外活動と学業を両立できることも大きな魅力です。全学部共通の「成蹊教養カリキュラム」では、全ての学部の学生が同じ授業で学び、選抜プログラムである「丸の内ビジネス研修(MBT)」や「成蹊国際コース」では専門の異なる学生同士が多様な意見を交わしながら協働して学んでいます。

4. 教室外学修の奨励 -未知のものに挑む自発の精神-

学びの場は教室の外にも無数にあります。新しいことや変化することを怖がるのではなく、未知のものに挑む喜びを感じ「わくわく」しながら行動することが、自分自身の大きな成長につながります。また、外の世界に触れることによって多様な価値観と触れ合うことができ、真の協調性を養うことができます。成蹊大学では、課外活動、留学、ボランティア、インターンシップ、地域交流など多くの教室外学修を推励・支援しています。

教室外学修の奨励
教室外学修の奨励

5. 真のキャリア教育と徹底した就職支援 -真剣に自分の将来を見つめる姿勢-

人は職業や仕事を通じて社会と関わっていきます。将来の社会のあり方を考え、その中で自分が果たす役割を「学生自身」が真剣に考えることをサポートすることがキャリア教育の真の目的です。経済界との伝統的な結び付き等から「就職に強い成蹊」と昔からいわれてきましたが、現代の成蹊大学においても、1年次からキャリア教育を体系的に構築し、真剣な学生の進路決定や就職をきめ細かく徹底的に支援し、高い就職力を維持しています。

真のキャリア教育と徹底した就職支援
真のキャリア教育と徹底した就職支援
一つ前のページに戻るページトップ