教員プロフィール

竹村 眞史

役職
客員教授
最終学歴
中央大学法学部法律学科
学位
種類  :−
授与大学: −
取得年月:−
専門分野
 
担当科目
担当科目についてはシラバス照会ページ(SEIKEI PORTAL)をご覧ください。
※「シラバス照会」を選択し、教員氏名を入力して検索してください。
シラバス照会ページ(SEIKEI PORTAL)

研究業績(主な著書・論文等)

区分 区分詳細 著者名 著書・論文名等 発行所・掲載誌(書)・ページ数等 発行年等
著書 編集 著者:布川佳正・高橋俊彦・木下信行・児玉晃一
編集:竹村眞史
弁護士専門研修講座 裁判員裁判U −個別類型別見地から見た実務− 鰍ャょうせい  2010年8月
著書 共著 編著:松江頼馬・近藤健太 外
著者:竹村眞史 外
事件類型別 弁護実務ハンドブック 鰍ャょうせい  2011年3月
著書 共著 編著:庭山英雄 外
著者:竹村眞史 外
実務 刑事弁護と証拠法 叶ツ林書院 2011年5月
その他 単著 竹村眞史 最高裁決定前後における心神喪失者等医療観察法の入院決定の対比ー実例から見てー 成蹊大学法学会(成蹊法学第72号) 2010年6月
所属学会
 
社会活動等
東京弁護士会所属であるが、同会入会時から刑事弁護委員会委員(平成12年度〜平成17年度・平成19年度〜は同委員会副委員長)であり、刑事弁護の実務面での諸問題について取り組んできた。医療観察法施工時より積極的に付添人として活動。平成20年度より日弁連刑事法制委員会委員として、同法の問題点等について検討、改正に向けての活動も行っている。
メッセージ
刑事弁護における実務は、文字通り現場で鍛えられるという面がある。その現場の熱さをお伝えできればと考えている。
一つ前のページに戻る
このページの先頭へ