理工学部紹介

学部長挨拶

疑うことは科学の一歩

理工学部長 坪村太郎

「なぜそうなるのか?この考え方は正しいのか?」科学は疑うことから進歩してきました。皆さんの勉強でも疑うことはとても大切です。

皆さんはこれまでも考える力をつけることが大事だと言われ続けてきたと思います。ではどうしたら考える力がつくのでしょうか。どんな科目においても、じっくり考えなければ解けない問題を解こうと頑張ることは考える力をつけることになるでしょう。また昨今はやりのアクティブラーニングもそれに役に立つことでしょう。でも普段の生活や勉強の中でちょっとしたことでも「なぜ?」と一度立ち止まって疑ってみることもとても大切です。大学では様々な法則や知識を学びますが、大事なことはそれがどうして導かれたかを考えることです。個々の法則や知識は専門分野を離れると必ずしも役に立つとは限りませんが、なぜかを考えて法則や解答を導いたその過程こそは皆さんの実力を上げるのに役立つからです。成蹊大学理工学部では、普段の授業だけでなく、1年生からの少人数ゼミやプロジェクト型授業、多数の実験や実習を通じて皆さんの疑問を実力に変えていきます。

実験事実の積み重ねで技術は進歩してきました。その陰には多くの「なぜ」があったのです。もちろん疑ってばかりでは偏屈な人だと思われてしまうでしょう。しかし心の片隅に疑う心を持っておくことはこれからの不確定な社会を生き抜く上でもぜひとも必要なことです。成蹊大学理工学部は、若い助教の先生からベテランの教授陣まで多くの優秀なスタッフが皆さんの「なぜ」に応えるためにいつでも皆さんをお待ちしております。

理工学部長 坪村太郎