学科・大学院

日本語力錬成科目

国際化が進み、異文化との接触が日常的になった今日において、実践的な〈日本語力〉はますます求められてきています。その要求に応え、美しく豊かな日本語の運用能力を習得する 「話す」「書く」「漢字」「コンピュータ」といった多岐にわたる科目群を設置しました(日本語力錬成科目は、日本文学科の専門科目ですが、他学科の学生も履修することができます)。

日本語を正しく話す

アナウンサー経験者などを講師に迎え、文章の朗読など「読んで伝える」技能と、発声練習、敬語の使い方、面接に際しての言葉遣いなど「話して伝える」技能の実習を行い、音声表現の運用力、発表力の向上を目指します。

上級表現講座

論文やレポートはもとより、手紙の書き方など、形式やレトリックを学ぶとともに、その形式やレトリックを支える発想法や論理の組み立て方などを、基礎から実践的に学びます。

上級漢字講座

漢字に関する基礎的な知識や、漢字が持っている優れた伝達力、表現力について学びます。また、漢字検定も視野に入れ、漢字を正しく表現力ゆたかに使いこなす練習を行います。

日本語・日本文学のためのコンピュータ

日本語や日本文学について考える上で、コンピュータは強力なツールであり、同時に落とし穴にもなり得ます。役に立つWebsiteの使用法、有効な検索方法、コンピュータを使って書く技術など、効果的かつ適切にコンピュータを使う哲学とスキルを学びます。