学科・大学院

日本文学科

学科の目的

日本文学科は、日本文学と、言語としての日本語を体系的に理解することによって、日本文化、日本語の特性を検証し、深い専門知識と豊かな思考力を身につけることを第一の教育目標としています。それはまた、日本人が育んできた文化や価値観を総体的に学ぶことにより、世界のなかでの日本を確認し、発見していく学問ととらえることもできます。万葉集や源氏物語など世界に誇る文化遺産を持ち、古来より言葉、文学を特別なものとして認識し大切にしてきた私たち日本人の民族の本質に迫りながら、今後の日本人の在り方まで展望する学科が、日本文学科です。

教育内容

日本文学科は少人数教育を中心とし、特にゼミ(演習)による専門教育を大切にしています。また、文学や日本語を海外と比較して研究したり、学際的にアプローチする方法も重視されています。そのため、学部内他学科の科目を自由に履修できるカリキュラムで、自分の研究テーマを深めていく教育システムがとられています。さらに、資格取得に必要な[資格関連科目]をカリキュラム化しており、無理なく履修ができるようになっています。

4年間の学習

日本文学や日本語の概略やおもしろさを理解してもらうために、1年次にはプレゼミを用意しています。プレゼミにあたる日本文学入門で、文学の概論と研究手法を学びながら基礎的能力を身につけていきます。また、専門科目も1年次からはじまり、近・現代の文学史、比較文学、日本民俗学、日本美術史など、その後の研究テーマの側面を支えるバラエティ豊かな関連科目が用意されています。2年次の各基礎ゼミおよび専門科目では、日本文学科の3本の柱となる古典文学、近・現代文学、日本語学を中心とした学問領域全体にわたる力を培います。3年次からの専門ゼミは、上代、中古、中世、近代、現代文学と日本語学の各分野からひとつを選択し、4年次までの2年間にわたり専門的テーマを深く追究していきます。卒業論文は、その総仕上げです。4年間を通してゼミでは、専門知識の習得と同時に、主体性が尊重される文学研究において自らのテーマや問題を発見・解決していく研究手法の会得や、討論・発表などコミュニケーションの表現能力を磨いていくことができます。

  • プレターム、第2ターム
    (1年次)

    日本文学や
    日本語の概略を理解する

  • 第3、4ターム
    (2年次)

    古典文学、近・現代文学、
    日本語学の3領域を学ぶ

  • 第5、6ターム
    (3年次)

    第7、8ターム
    (4年次)

    ゼミで専門テーマを深く掘り下げ、
    卒業論文にまとめる

日本文学科で取得可能な資格

  • 教育職員免許状(一種免許)

    • 中学校(国語)
    • 高校(国語)
    • 学校図書館司書教諭
  • 日本語教員

  • 社会福祉主事(任用)

  • 文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

将来の方向性

文学や人間をめぐる造詣の深さや、豊かな表現能力に卓越したこの学科の卒業生は、卒業後の進路も教員など研究テーマの延長線上にとらえられる進路をはじめ、公務員、一般企業などさまざまな分野での活躍が期待されています。また、専門分野を探 究する大学院生としての将来も開かれています。