成蹊学園について

女性活躍推進法 行動計画

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が平成27年8月28日に成立したことにより、次のように一般事業主行動計画を策定いたしました。

1.計画期間

2016年4月1日から2021年3月31日までの5年間

2.計画内容

目標1 管理職に占める女性労働者の割合を高める

<対策>

  • 女性労働者が管理職への昇進を希望しやすい環境(長時間労働の抑制、年次休暇取得率の向上等)を一層整備する。

目標2 長時間労働を抑制し、働きやすい環境を整備するため、変形労働時間制等の柔軟な働き方を可能とする制度を導入する。

<対策>

  • 変形労働時間制等を導入している他私学等の調査を行い、制度内容に加え利用実績等を把握する。
  • 制度導入にあたり、運用時の留意点等を把握するため、学園関係者へのヒアリングを実施する。
  • 制度の内容について検討を行い、必要に応じて、就業規則等を整備する。

目標3 職員全体の年次休暇取得率は、世間一般の取得率(48.8%:2014年度「労働条件総合調査(厚生労働省)」)を上回っているが、専任職員(含管理職)においては、年間付与日数(20日)のうち取得日数が10日未満の者の割合が33.3%となっており、約3人に1人が取得率50%を割っていることから、年次休暇取得日数が10日未満の専任職員(含管理職)の割合を0.0%に低下することを目標とした年次休暇取得促進活動を行う。

<対策>

  • 学園(人事課)は、職員が年次休暇を計画的に取得しやすい環境づくりを行う。

    (例)
  • 職員(含管理職)に向けて年次休暇取得の呼びかけを行うとともに、時間単位年次休暇制度の再周知を併せて行う。
  • 所属長が率先して年次休暇を取得するよう呼びかけを行う。
  • 所属長が年度当初に所属部署における年間年次休暇計画表を作成するなど、所属長自身および所属職員が一層年次休暇を取得しやすい環境を整える。

女性の活躍に関する状況の情報公表

労働者に占める女性労働者の割合 (2014年4月1日現在 )

  女性数 男性数 女性比率
教員 122 274 30.8%
職員 187 112 62.5%
合計 309 386 44.5%

以上