学科・大学院

卒業生の声

天野裕美さん
(国連開発計画(UNDP)スーダン事務所
勤務)

学生時代から国際協力に関心があり、在学中に1年間イギリスに留学し、卒業後は、人権学修士号をイギリスの大学で取得しました。その後、NGOでのインターン(ベルギー)、青年海外協力隊員(ヨルダン)、外務省専門調査員(カタール)の任務を経て、現在、国連開発計画(UNDP)スーダン事務所で、ダルフールの青年を対象としたプロジェクトを担当しています。国際色豊かな環境で仕事をする中で、異文化交流、理解の大切さを日々痛感しています。

在学中は、文学部文化学科国際文化コースに所属し、川村陶子先生の国際関係ゼミを専攻しました。文化学科は、現在の国際文化学科と現代社会学科の前身です。私は、これまでの海外経験から、異文化に寛容になってきたと思っているのですが、在学中にさまざまな文化を学び、考えることができたことも大きな要因となっています。川村先生のゼミでは、ヨーロッパにおけるイスラム教徒の移民とホスト社会の人びととの文化軋轢について、特に関心を持ちました。さらに、在学中に「9.11」の同時多発テロが起きたことから、イスラム教文化と他文化の共存についても非常に考えさせられました。

当時同じ学科に設置されていた社会学のクラスでは、市民社会やNPOの活動について学ぶことができ、国際、国内協力のあり方、かたちについても勉強することができました。

さらに、成蹊大学はアットホームな雰囲気があり、ゼミ指導教員の川村先生をはじめ多くの教授の方々と、授業外でもいろいろお話をする機会を得ることができました。地方から出てきた私の不安をやわらげ、さらに視野を広げていただいたと大変感謝しております。

卒業後、大学院において人権を学んだ際も、文化や社会という要素は私にとって非常に重要であり、実際にイスラム教社会を見て学ぼうと、青年海外協力隊としてヨルダンに行くきっかけにもなりました。現在も、ある国を知るにあたり、その国の政治や経済状況に加え、文化社会的要素にもしっかりと目を向けることで、より深く、その国やその国の人々のことを理解できると考えています。こういう視点を持つことができたのは、成蹊大学文学部国際文化コースで学び、経験した4年間のおかげと思っております。

砂田恵理加さん
(国士舘大学政経学部政治学科 准教授)

学生時代から国際協力に関心があり、在学中に1年間イギリスに留学し、卒業後は、人権学修士号をイギリスの大学で取得しました。その後、NGOでのインターン(ベルギー)、青年海外協力隊員(ヨルダン)、外務省専門調査員(カタール)の任務を経て、現在、国連開発計画(UNDP)スーダン事務所で、ダルフールの青年を対象としたプロジェクトを担当しています。国際色豊かな環境で仕事をする中で、異文化交流、理解の大切さを日々痛感しています。

在学中は、文学部文化学科国際文化コースに所属し、川村陶子先生の国際関係ゼミを専攻しました。文化学科は、現在の国際文化学科と現代社会学科の前身です。私は、これまでの海外経験から、異文化に寛容になってきたと思っているのですが、在学中にさまざまな文化を学び、考えることができたことも大きな要因となっています。川村先生のゼミでは、ヨーロッパにおけるイスラム教徒の移民とホスト社会の人びととの文化軋轢について、特に関心を持ちました。さらに、在学中に「9.11」の同時多発テロが起きたことから、イスラム教文化と他文化の共存についても非常に考えさせられました。

当時同じ学科に設置されていた社会学のクラスでは、市民社会やNPOの活動について学ぶことができ、国際、国内協力のあり方、かたちについても勉強することができました。

さらに、成蹊大学はアットホームな雰囲気があり、ゼミ指導教員の川村先生をはじめ多くの教授の方々と、授業外でもいろいろお話をする機会を得ることができました。地方から出てきた私の不安をやわらげ、さらに視野を広げていただいたと大変感謝しております。

卒業後、大学院において人権を学んだ際も、文化や社会という要素は私にとって非常に重要であり、実際にイスラム教社会を見て学ぼうと、青年海外協力隊としてヨルダンに行くきっかけにもなりました。現在も、ある国を知るにあたり、その国の政治や経済状況に加え、文化社会的要素にもしっかりと目を向けることで、より深く、その国やその国の人々のことを理解できると考えています。こういう視点を持つことができたのは、成蹊大学文学部国際文化コースで学び、経験した4年間のおかげと思っております。