キャンパスライフ

学生サポート

学生が本来の力を発揮できるよう大学生活を支えます。
大学生活における悩みやトラブルに関する相談には、「学生相談室」で専門のカウンセラーが対応。アパート・マンションの紹介、ボランティア活動、アルバイト、奨学金などについては学生生活課がサポート。ここでも少人数教育の思想が活かされたきめ細かなケアを行っています。

学生相談室

学生生活で生じるさまざまな問題に対処するための相談窓口が学生相談室。専門のカウンセラー(臨床心理士)、学修支援コーディネーターが、勉学、進路、対人関係、心理的悩み、心の健康などの相談に対応しています。相談上のプライバシーは厳守されます。気軽に立ち寄ることも、予約をして相談を受けることもできます。併設の談話室は、ゆったりとこころを休ませるスペース。自由に利用でき、多くの学生の憩いの場になっています。
また、自己理解を深める心理テスト、ヨーガやコミュニケーションゲームを取り入れた「こころの豊かさのためのプログラム」なども実施しています。

学生相談室
閉じる

大学保健室

学生が健康的に生活できるようにサポートしています。急な病気やケガへの応急処置のほか、定期健康診断や健康相談、臨床心理士によるカウンセリング、医療機関の紹介、健康・医療情報の提供などを行っています。
また、健康的な生活の維持や体調管理のため、体脂肪率・血圧測定、アルコール体質テストの実施、健康教室の開催、救急救命法の普及なども実施しています。

大学保健室
閉じる

傷害保険

学業中やクラブ活動、通学途中などで、学生が不慮の事故による傷害を受けた際に、医療費負担の軽減を図ることを目的とした保険制度です。「学生教育研究災害傷害保険」「傷害医療費補助」「スポーツ団体傷害保険」の3種類を用意しています。

傷害保険
閉じる

アルバイトの紹介

学生生活課を通して求人のあったアルバイト情報は、求人情報サイト「学生アルバイト情報ネットワーク」内の「成蹊大学アルバイト紹介システム」で提供しています。「学生アルバイト情報ネットワーク」には多数の大学が加盟しており、加盟大学へのアルバイト情報をまとめてインターネット配信しているため、職種や条件は多岐にわたります。そのなかから独自の条件に合った情報のみを「成蹊大学アルバイト紹介システム」で紹介するため、危険が伴うような職種はあらかじめ削除されており、学生は安全なアルバイトを多様な選択肢から選ぶことができます。インターネットで常に最新情報を配信しているため、利用は24時間365日可能です(携帯電話からのアクセスも可能)。

アルバイトの紹介
閉じる

アパート・マンション・専用学生寮

ひとり暮らしをする学生が安心して部屋探しができるよう、成蹊大学が業者委託する「学生情報センター」「学生マンション総合案内センター」「共立メンテナンス」において、年間を通してアパート・マンション・学生寮の物件情報を提供しています。特に、新入生に対しては、2月中旬~3月中旬に学内相談会を開催し、物件の紹介を行なっています。

成蹊大学 専用学生寮 アパート・マンション
閉じる

ボランティア活動

成蹊大学の学生はボランティア活動への関心が高く、約75%が参加への関心や意思を持っています(学生生活実態調査による)。
しかし、ひと口に「ボランティア」といっても、災害復興支援などの大がかりなもの、障がい者や外国人への支援のようにある程度の専門知識と技術が必要なもの、高齢者や幼児・児童の生活支援、自然保護、リサイクル、地域活動、スポーツ指導といった身近なものまでさまざまです。
成蹊大学では、2014年4月1日より、学生が安心かつ安全にボランティア等の地域・社会貢献活動の支援を行うために、ボランティア支援センターを開設いたしました。

ボランティア支援センター
閉じる