研究

プロジェクト研究所

社会調査研究所

■研究所名称

社会調査研究所

■研究所名称(英文)

Institute for Social Research

■研究課題

社会調査データの収集、分析、教育へのフィードバックによる、現代社会の総合的解明

■研究概要・計画

●研究概要
現在のグローバル社会では、データ分析があわゆる分野で不可欠となりつつあります。そこで、本研究所は文学部「社会調査士課程」メンバーと施設をベースに、社会調査データの収集、分析、さらに教育へのフィードバックを一体的に行うことで、現代社会の総合的解明を目指します。
具体的な活動としては、①研究ワークショップを毎月開催しつつ、②独自のデータ収集と分析を行い、③通し番号の「社会調査研究所叢書」として刊行することで、革新的な成果を成蹊大学から発信していきます。さらに、④社会調査士課程を通して本学教育にフィードバックします。

●研究計画
最初の3年間は、ライフコースの変容をテーマとします。
2018年度 ライフコースについての量的データを収集、分析
2019年度 ライフコースについての質的データを収集、分析
2020年度 ライフコースについて叢書第1巻を刊行、教育にフィードバック

■研究所設置期間

2018年10月1日~2021年3月31日

■研究代表者(所長)

小林 盾 成蹊大学文学部(教授)

■研究所員

渡邉 大輔 成蹊大学文学部(准教授)
今井 絵里香 成蹊大学文学部(准教授)
内藤 準 成蹊大学文学部(講師)
川端 健嗣(事務局) 成蹊大学文学部(調査・実習指導助手)